こころの病改善法

あなたや周りの人の心の病を改善する方法

こころの病の可能性がある事例

夜、よくく眠れない、または眠ってばかりいる

些細なことで落ち込み、そこから中々抜け出せない

全身がだるく、何もする気がおきない

不安でたまらない

少しの事でカッとなり暴力をふるうこともある

常に沈んだ気分で暗い表情になってします

拒食または過食してしまう

最近、対人関係が苦手になった

異常なくらい潔癖

最近もの忘れが激しい

怒りっぽくなった

身体が不調で病院で検査したのに異常が見つからない

自分は誰かから嫌がらせをされていると思う

周りにこころの病で心配な人がいるがどうやって病院に連れて行けばいいかわからない

早期に治療を受けることで治ったり、改善、寛解することが多い

逆に放置するとどんどん症状が悪化し取り返しのつかないことになる

本人や家族がその苦しみに耐え切れず自殺してしまうという悲しい現実

本書ではこんなことが学べます

こころの病とは

こころの病の症状

こころの病の兆候

兆候から想定できるこころの病

言動がおかしい場合

眠れない場合

妄想がある場合

暴力的になる場合

表情が暗い場合

おびえや不安がある場合

怒りっぽい場合

対人関係が苦手になった場合

潔癖になった場合

繊細なことが気になる場合

元気がなくなった場合

拒食、過食がある場合

物忘れがある場合

眠ってばかりいる場合

身体が不調でも異常が見つからない場合

こころの病の治療

病院に連れて行く方法

病院に行きたがらない人を病院に連れて行く方法を紹介しています

こころの病が改善することで

心配していた大切な人を病院に連れて行けます

今まで悩んでいた症状から解放されます

正しい治療により普通の日常生活を送れるようになります

どこにでも気にせず出かけられるようになります

不安や恐怖から解放されます

安心して眠れるようになります

心配していた症状を改善することができます

正しい治療を受けさえすれば改善される可能性が高い

大切な人にこころの病の心当たりがあるのであれば決して後回しにしてはいけません